応募フォーム

  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了

必要事項をご記入の上、ご応募ください。

お名前
ペンネーム
メールアドレス
お電話番号
ご提出物

ファイル形式: WORD, PDF ファイル容量: 2Mバイト

×
特記事項

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについては個人情報保護方針をご覧ください。

東京中野物語プロジェクト実行委員会(以下「当委員会」といいます。)は、個人情報保護の重要性に鑑み、「個人情報の保護に関する法律」および関連法令(以下、「法令」とします。)を遵守し、本文学賞にご応募された方(以下、「応募者」とします。)からご提供いただいた個人情報を適切に取り扱い、応募者のプライバシーの保護に努めます。以下のとおり、プライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」とします。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌、指紋、声紋にかかるデータ、及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当委員会は、本文学賞の応募、選考過程で、応募者に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当委員会が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。

  1. 本文学賞(授賞式・受賞イベントの実施を含む)の開催・運営
  2. 本文学賞における選考
  3. 応募者への連絡
  4. 受賞者への賞品の授与
  5. 氏名・ペンネーム・応募作品(作品名、企画名、企画内容、原稿内容を含む)について本文学賞及び応募作品の宣伝、本文学賞(授賞式・受賞イベントの実施を含む)のための選考結果の公表
  6. 上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

当委員会は、利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り、個人情報の利用目的を変更するものとします。利用目的の変更を行った場合には、変更後の目的について、当委員会所定の方法により、応募者に通知し、または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

(1)当委員会は、応募者からご提供いただいた個人情報を、あらかじめ応募者の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

(2)前項の定めにかかわらず、当委員会は、利用目的の達成に必要な範囲内において、他の事業者等に個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合があります。

第6条(個人情報の開示)

(1)当委員会は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
主催者の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合

(2)前項の定めにかかわらず、履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

(1)応募者は、当委員会の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当委員会が定める手続きにより、当委員会に対して個人情報の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます。)を請求することができます。

(2)当委員会は、応募者から前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正等を行うものとします。

(3)当委員会は、前項の規定に基づき訂正等を行った場合、または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく、これを応募者に通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)

(1)当委員会は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行います。

(2)前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。当委員会は、前項の規定に基づき利用停止等を行った場合、または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをお客様に通知します。

(3)前2項にかかわらず、利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、応募者の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)

本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、応募者に通知することなく、変更することができるものとします。 当委員会が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

第10条(お問い合わせ窓口)

本ポリシーに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

注意事項

  • 未成年の方は、保護者(親権者等法定代理人など)にも応募要項をお読みいただき、保護者の同意を得た上でご応募ください。
  • 応募作は未発表のものに限ります。ただし、応募者個人のWEBサイトや同人活動等で既に公表している作品は問題ありません。
  • すでに商業デビューしていても、小説誌やインターネットその他の媒体を問わず、営利目的で商業化されていないオリジナル小説であれば、応募は可能です。
  • 本文学賞に応募できるのは個人のみとし、法人による応募は不可とします。
  • 応募完了後は応募の撤回、選考及び受賞を辞退することはできません。
  • 応募原稿の返却、選考に関するお問い合わせには応じられません。
  • 他の文学賞への二重投稿は選考の対象外とします。
  • 第三者の権利・利益(著作権そのほか知的財産権、プライバシー権など)を侵害する作品は、選考の対象外となることがあります。
  • いずれの賞も、審査の結果、該当作品がない場合があります。
  • 賞金は消費税込みの金額であり、また別途源泉徴収税が徴収される場合があります。
  • 応募者が応募要項に反した場合や応募情報の虚偽が判明した場合は、主催者は、作品を選考の対象外とすること、受賞後は受賞の決定を取り消すことができます。受賞の決定を取り消された受賞者は、受け取った賞金を返還するものとします。
  • 受賞者には、今後の手続き等のご案内のため、応募時に登録いただいたメールアドレス及び電話番号宛にご連絡をさしあげます。その際、所定の期日までにご連絡がいただけない場合、受賞が取り消される場合があります。
  •  
  • 応募作品の著作権は、応募者に帰属します。ただし、入賞作品の複製権(出版権を含む)、映像化権などの利用権(二次利用を含む)は、主催者に優先権があります。
  • 応募者は、応募者ご自身の責任において本文学賞に応募するものとし、本文学賞の応募に関連して行った行為やその結果について一切の責任を負うものとします。
  • ご応募いただいた時点で、応募要項の注意事項を確認し、同意したものとみなします。

\ Official SNS /